静岡駅前のグルメな商店街

御幸町発展会とは

  • HOME »
  • 御幸町発展会とは

旧東海道の府中宿、JR静岡駅前に御幸通りができたのは、昭和5年(1930年)のことです。幅員24.5mの道路は駅と県庁、市役所の官庁街を結ぶ静岡一の大通りでした。しかし、当時としては広すぎる道路に、誘客が難しく、通り周辺の6町の地主が、町内の枠を超えて、御幸通りからの地域発展を目指して「御幸通会」を設立しました。これが御幸町発展会の前身です。

「御幸通会」では街路灯設置、共同売り出し、夜店市など今でも通用する商店街事業を独自に行い、戦後の復興期には「御幸通り発展会」となり、昭和40年末の再開発で、新しい組の参加もあり、「御幸町発展会」に改称し、現在は224(平成26年)の会員数があります。

御幸町発展会は、伝統を大切にしつつ、新しい事にチャレンジする商店街です。昭和の初め「御幸通会」では、鋳物の街路灯を整備し、さらに、電線、電話線は地中化した事業を進めました。現在もアーケード整備、LED化、防犯カメラン設置など安全・安心、かつ静岡駅前にふさわしい風格のある商店街の整備をはじめ、魅力的な誘客イベントも行い、さらに大型店、伝馬町発展会、鷹匠1丁目商業発展会などと連携しながらまちづくりに取り組んでいます。

昭和10年御幸通り

昭和10年御幸通りの遠景 画/渡辺重明氏

昭和15年御幸町

昭和15年大火後の松坂屋の屋上から

御幸通り画像-1

眼下に御幸通り(平成28年1月)

御幸通り画像-3

御幸通り正面にJR静岡駅

御幸通り画像-5

江川町交差点付近

御幸町の思い出を綴る

昭和20年~昭和29年

長かった戦争に別れを告げた昭和20年8月15日。
翌21年元旦には天皇の人権宣言、11月には日本国憲法が公布されるなど、日本再建への第一歩が踏み出されました。
静岡大空襲によって市街地の大半を焼失した静岡市の人々の生活は破壊され、食糧難、アメリカ軍の進駐、農地改革、新円切替など、混沌とした社会情勢の中で戸惑いを感じながらも、平和な未来への新たな希望を抱いて、たくましく歩み出していったのです。

昭和25年御幸町

昭和25年の御幸町

御幸通りがやけに広く見えるのは、高い建物が市役所のドームぐらいしかないからだろう。通りには車もなく、人々が歩いている姿が何とものどかだ。通りの左側の大きな建物は郵便局本局、手前右が観光会館。

昭和20年代後半頃

松坂屋

昭和20年代後半頃、駅前からこんなにはっきりと富士山が見えていた。松坂屋がモダンな雰囲気をかもし出している。駅前ですら交通信号はなく、ロータリーとなっていた。

小梳神社上棟 昭和25年11月

昭和26年4月3日

昭和26年4月3日、廿日会祭(はつかえさい)の御幸町のお踟(おねり・山車)

小梳神社落成式 昭和27年3月18日

昭和28年の駅前

昭和28年の駅前、紺屋町通りの入口には富士山ネオンがあり市民だけでなく観光客からも親しまれた。駅を降りるとすぐ目の前にあり繁華街の入口として観光客にも親切だった。

昭和28年頃の御幸通り

昭和28年頃、御幸通りの両側にはまだ木造の家屋が軒を連ねていた。城内(現在の駿府城公園)には、まだ兵舎があった。

昭和30年~昭和39年

終戦後の暗い面影もいつしか消え、年を追うごとに産業も復調していった三十年代後半には、池田内閣の所得倍増政策を受けて本格的な高度経済成長期に入り、テレビ、電気洗濯機、電気掃除機が「三種の神器」として復及し始めるなど日常生活も急速に向上していきました。この10年間で静岡県の人たちの最も感動的な思い出は、オレンジ旋風を巻き起こした昭和32年の静岡国体だったのではないでしょうか。30年代最後の年は、新幹線開通、東京オリンピックなど日本中が注目した明るい話題で締めくくられました。

昭和30年4月、御幸通り

昭和30年4月、御幸通り

昭和30年4月左上部にお踟の行列、街路樹は桜並木でした。

江川町交差点

昭和30年頃の江川町交差点、角は郵便局

昭和30年頃、まだ信号機が無く中央に警官の手信号の台がある。車が少なく、信号無しの自転車王国だった。

昭和30年廿日祭り

昭和30年の廿日会祭の小若連(男児)。御幸通りの桜がやっと咲き始めた頃。

昭和30年御幸町の衣装

男女、子供達のこの年新調した衣装。女性は鳥追笠に着流し姿。女性は現在までに衣装が3回変わった。これは御幸町オリジナルだが、この後連合町内会で揃えることになる。

御幸町音頭

作曲木村昭三氏、作詞小川龍彦先生という顔ぶれで、御幸町音頭のレコードが出来上がった。楽譜、踊りの振り付けの歌詞カードも作られた。

昭和30年頃婦人会の面々

昭和30年頃の婦人会の面々

昭和31年9月市公会堂町内 敬老会

昭和30年婦人部の和服姿

婦人部の和服姿。いつもとは違った装いで美しく、男衆も目を細めたとか。

静岡国体

昭和32年10月28日、天皇・皇后両陛下御臨席のもと静岡国体が開催。静岡県は天皇杯1位、皇后杯3位とオレンジ旋風を巻き起こした。

大祭の日の小梳神社

昭和34年7月28日、大祭の日の小梳神社

昭和35年町内敬老会

昭和37年8月、発展会で東北旅行

昭和37年8月、御幸通り発展会で東北方面へ2泊3日の地方商業視察旅行に出かける。女性も5人参加し賑やかな旅でした。

昭和30年代後半

昭和30年代後半、この頃は子供の数がまだ多かった。あれ、スイカはどこ?

昭和38年静岡駅

昭和38年、国道側から駅を望む。静岡駅が始発のチンチン電車は前年に廃止となった。この頃から国道1号線の交通量が増え始め、ロータリーの姿も消えた。

聖火ランナー

昭和39年10月4日に東京オリンピック開催、聖火ランナーが御幸通りを駆け抜ける。駿府公園では6万人の県民が「聖火を迎える県民の集い」に参加。また沿線では人垣を作って聖火を歓迎した。

昭和40年~昭和49年

昭和40年~49年-1

昭和41年日本の人口は1億人を突破、日本の反映の影で、公害問題が深刻化してきたのも、この頃のことです。昭和48年には、石油ショックによるトイレットペーパー買い占め客がスーパーに殺到するなど世相を反映する事件もあり、省資源、節約が叫ばれる時代に入りました。昭和49年には戦後初のマイナス成長。買い控えで、消費需要が落ち込んだため、倒産する会社が増加するなど暗いニュースが目立つ中、万国博覧会、東名高速道路の開通は活気ある話題でした。

昭和40年~49年-7

昭和40年の御幸通り。交通量が増え、人々が自転車でのんびりと行き交う姿はない。

昭和40年~49年-2

昭和40年代始め頃、松坂屋の屋上より国道と静岡駅構内を望む。

昭和40年~49年-6

昭和42年、外壁改装後の松坂屋を望む。左後方は増築した新館。丸井、野村證券も登場し、御幸通りが賑わってきた頃だ。

昭和40年~49年-5

昭和43年4月、お踟(おねり)。この年は青葉学区と合同で開催した。衣装は学区で揃えた。

昭和40年~49年-4

昭和44年4月1日、静岡市市政80周年式典が行われ、打ち上げ花火で祝った。

昭和40年~49年-3

昭和48年、改築前の静岡駅前

昭和50年~昭和59年

昭和50年~昭和59年-1

昭和も半世紀を重ね、昭和生まれの人口が8割を占めるようになり、59年の総理府の調査では9割の人が中流意識を持っているという結果が出ました。この10年はロッキード事件、グリコ・森永事件を始め全国を騒がす事件、そして、我が御幸町においても、駿河湾巨大地震説の発表による動揺、昭和55年紺屋町のゴールデン街地下街の痛ましいガス爆発事故、56年には打って変わって、期待に満ちた国鉄静岡駅ターミナルビル「パルシェ」のオープンなど、忘れられない出来事がいくつも押し寄せた時代でした。

昭和50年~昭和59年-5

観光会館にて、盛大に行われた「御幸町創立30周年記念祝典。昭和21年7月26日の告示で御幸町の町名が誕生。

昭和50年~昭和59年-3

昭和55年、静岡祭。呉服町通りを行く。

昭和50年~昭和59年-2

子供の数も減り、祭りに参加する大人の数も減ってきて、連合町内会で行った。

昭和50年~昭和59年-7

昭和55年、すぎもとコーヒー

昭和55年頃、ポアソンビルより静岡駅方面

昭和55年頃、ポアソンビルより静岡駅方面を望む。

昭和50年~昭和59年-9

昭和55年8月16日、紺屋町のゴールデン街地下街でガス爆発事故発生。地下は爆風、地上は窓ガラスが飛び散った。長い間放置されていたが、昭和62年に復旧。

昭和50年~昭和59年-4

昭和56年、小梳神社大祭の子供神輿。この子たちも、今ではみなお父さん、お母さん。

昭和50年~昭和59年-8

昭和57年11月、町内発展会の旅行で伊勢志摩へ。

昭和60年~平成13年

昭和60年~平成13年-10

日本はこの頃から長期の好況に入り、土地・株価が高騰し、バブル時代を迎えました。そのバブルも平成に入り崩壊。バブル期には「ゆとりある暮らし」が叫ばれ、長期休暇なども推進されましたが、一転して働く人に対しても厳しい時代になったのです。マルチメディアの発達や高度情報化社会を迎えたのもこの時代。平成に変わる80年代最後の年89年は、天皇崩御、平安門事件、ベルリンの壁の崩壊、ソ連・東方情勢が激変し、まさに「世界が動いた」年だったと言えます。

昭和60年~平成13年-2

昭和60年4月5日、静岡浅間神社にて。御幸町の町旗が右端に見える。

昭和60年~平成13年-3

昭和60年代

昭和60年~平成13年-4

平成元年、お踟(おねり)の地踊り姿。これは2代目の衣装。

昭和60年~平成13年-5

日本通運と中部銀行ビルがエクセルワードビルに建て替えられた。

昭和60年~平成13年-6

平成6年、お踟(おねり)の昼食。浅間神社会館にて

昭和60年~平成13年-7

平成7年、小梳神社神幸祭

昭和60年~平成13年-8

御幸通りの車道を交通止めにして「夜桜乱舞」が行われた。我が御幸町婦人会も「みゆき桜美連」というグループを結成して参加。

昭和60年~平成13年-9

御幸町交差点より、「島」を望む。(再開発A地区)

平成11年長浜、彦根へ

平成11年長浜、彦根へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © しずおか御幸町発展会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.