昨日、静岡市の中心街鷹匠1丁目に位置する、一加番稲荷神社で町内の氏子を対象にした節分祭の豆撒きが行われました。
倉庫の上に紅白幕を張った仮設の豆撒き台を組立られ、そこから豆が撒かれました。
ビニール袋に入った豆が撒かれ、中には豆と一緒に色紙が入ったのが引換券でした。
色紙の色によりお菓子、玉ねぎ、ジャガイモ、箱入りティッシュペーパー等が渡されました。
豆撒きの参加者のほとんどが大きな袋を抱えて帰りました。他の市内の豆撒き会場もこれほどの量は拾えないと思います。
2月3日は節分の日です。市内にも多くの会場がありますのでお出かけ下さい。(H30.1.28撮影)

節分祭の会場、一加番稲荷神社

午後1時30分から豆撒きが始まりました

多くの子供たちが参加しました

高台から豆撒く役員の方々

こっちに撒いてと叫ぶ子供たち

拾った引換券で玉ねぎと交換です

渡されて持ちきれないほどの景品が!

豆撒きは20分ほどで終了しました